GIFT CLUB
お得なGIFT CLUBに入会しよう!

GIFT CLUB会員になると、会員だけの未公開物件をご覧になれます!他お得な情報が満載!

新着・更新情報

住まいのお金で失敗しない8か条

「今払っていけるか」だけでなく、今後発生する教育費や年収の上昇率等、最低でも考慮に入れるべき8つの項目。あなたの資金計画は大丈夫ですか?

その3 「借りても大丈夫」な金額は、借りられる金額ではない。

現在独身です。支払いには大分余裕があるので、借りれるだけ借りようと思っていますが、金融機関はいくら貸してくれるの?

民間の金融機関は多少の違いはあるものの、概ね税込年収の40%を年間支払い限度額とし、年利3.5〜4%を想定金利として「借入限度額」を算出します。

年収 返済比率 想定金利 月々支払い 借入限度額
400万円 40 4 13.33万円 3,010万円
500万円 40 4 16.66万円 3,760万円
600万円 40 4 20.00万円 4,510万円
700万円 40 4 23.33万円 5,270万円

ご相談者様は現在独身との事、上記の月々支払いもなんとかこなす事が出来るかもしれませんが、将来のご結婚をされた際に発生するライフスタイルの変化、お子様が誕生すれば、教育資金の貯蓄など、収入に対する居住費負担の状況に変化が生ずる事をふまえて専門家に相談することが必要になります。

銀行は「いくらまでなら貸せるか」は教えてくれますが、「いくらまでなら安全か」は教えてくれません。
この両者は、同額ではないことに留意してください。
ファイナンシャルプランナーなら、安全な借入額をアドバイスできます。

住宅探しのお役立ちコンテンツ

  • 不動産用語集

    普段耳にしない用語を「あいうえお」で分り易くご説明します。

  • 暮らしの窓口

    住まいや暮らしの事に役立つ情報リンク集です。

  • 金利情報

    住まいの購入に不可欠な住宅ローンの最新金利を確かめられます。

  • 物件リクエスト

    当社専門スタッフがお客様の代わりに希望物件を探します。